外科

外科診療について

外科診療について当院では、すり傷や切り傷などのケガやヤケドの処置と治療を行っています。虫刺されや化膿した傷の治療、手術後の創の管理なども行っていますので、ご相談ください。
できるだけ痛みが少なく、きれいに治る外科治療を心がけています。
また、急な外傷でご来院された際にも、できるだけ速く応急処置を行い、必要があれば入院が可能な高度医療機関でスムーズに治療を受けられるようにしています。また、外傷の場合はまずお電話いただけたら、必要な処置を電話でお伝えしますので、慌てずにご連絡ください。

外科の主な診療内容

  • 外傷全般
  • 創傷(すり傷・切り傷など)
  • 熱傷(ヤケド)
  • 皮膚のできものや皮下腫瘤の切除(粉瘤など)

など

湿潤療法(うるおい療法)について

湿潤療法(うるおい療法)について従来の消毒してガーゼを当てる方法では、消毒薬が傷口の組織にも大きなダメージを与えて痛みを生じ、傷の治りを遅くして、きれいに治りにくい傾向がありました。湿潤療法(うるおい療法)は、傷口を水道水で洗い流して、湿った状態のまま「創傷被覆材(ドレッシング材)」というシートやフィルムで密閉する治療法で、モイストヒーリングとも呼ばれています。密閉された傷口からは組織を修復させる浸出液が分泌され、それが傷の修復を促進させます。自己治癒力を最大限に利用した治療法で、すり傷・切り傷、床ずれ、軽度のヤケドに有効です。

従来の治療方法と比べたメリット

  • より早い回復が期待できます
  • かさぶたを作らないので、傷痕が目立ちにくくなります
  • 消毒液を使わないので、痛みはほとんど起こりません

湿潤療法に不向きな外傷

全ての外傷に湿潤療法が適しているわけではありません。ケガの状態によっては湿潤療法が不向きで、別の方法での治療が適していることもあります。特に下記のようなケースでは、湿潤療法以外での治療が適しています。

  • 血が止まらない
  • 傷が深い、範囲が広い
  • 異物が傷口に残っている
  • 異物が深く刺さっている
  • 指、手足が動かせない、麻痺している
  • 動物に咬まれた、引っ掻かれた
  • 赤く腫れて痛みがある
  • 38.5℃以上の発熱

湿潤療法の注意点

ご自分で手当てができるような軽いケガの場合にも、湿潤療法は有効です。ただし。「正しい方法を守る」「適した創傷被覆材を使用する」「清潔な環境・器具で行う」ことが必須条件です。また、治療中は傷の状態を定期的にしっかり確認して判断できることも不可欠です。免疫が弱く感染しやすい乳幼児や高齢の方の場合は特に小さな傷でも専門医による治療を受けることをおすすめします。
また、野外でのケガの場合、塩素消毒を行っていない水道水以外で洗い流すのは危険ですからご注意ください。