過敏性腸症候群

過敏性腸症候群について

過敏性腸症候群について過敏性腸症候群は、慢性的な腹痛・下痢・便秘といった便通異常の症状が長期間続きますが、原因となる炎症や潰瘍などの異常が確認できない病気です。ストレスなどをきっかけに起こった症状は排便後、一時的に治まるという特徴を持っています。
命に関わる病気ではありませんし、下痢や便秘など日常的な症状が起こるため「体質だから」とあきらめてしまうことも多いのですが、過敏性腸症候群は治療できる病気です。お仕事や生活に支障を及ぼしてクオリティ・オブ・ライフを低下させてしまいますので、早めに受診しましょう。

過敏性腸症候群の原因

原因は、過度の緊張などのストレス、腸内細菌叢の異常、炎症、遺伝などの関与が指摘されていますが、はっきりとは解明されていません。

過敏性腸症候群の主な症状

強い腹痛の後、下痢や便秘などの便通異常を起こす症状が長期間続くのが最も多い症状です。排便すると痛みはいったん治まります。他にも、下痢と便秘を繰り返す、お腹が鳴る・お腹が張る(膨満感)・おならが不意に出てしまうなどの症状が出ることもあります。睡眠中にこうした症状が現れないことも過敏性腸症候群の特徴のひとつです。

過敏性腸症候群のタイプ

過敏性腸症候群は、大きく3つのタイプに分けられます。

下痢型

激しい腹痛が起こって、水っぽい下痢になります。1日に何度もこうした症状を繰り返すことがあり、電車移動や授業、会議などすぐにトイレに行けない環境が苦手になり、外出がままならなくなるケースもあります。

便秘型

便意に強い腹痛がともない、強くいきまないと便が出ない、ウサギの糞のようにコロコロした小さな便しか出ないといった状態になります。残便感も起こりやすいタイプです。

交代型

下痢と便秘を繰り返し、激しい腹痛をともないます。

過敏性腸症候群の検査

問診

症状のはじまった時期や内容、起こるきっかけ、その他の病歴や服薬しているお薬などについて、問診でくわしくうかがいます。
同じような便通異常の症状を起こす大腸がん、炎症性腸疾患、甲状腺機能亢進症といった他の病気ではないかを調べるために検査を行います。

検査

検査血液検査、尿検査、便潜血検査、大腸カメラ検査などを行います。
大腸カメラ検査は、粘膜を直接観察できますし、組織を採取して生検でもできるため、他の疾患との鑑別に役立ちます。50歳以上、熱が続く、ダイエットしていないのに体重が減少している、血便がある場合には、大腸がんリスクが高いため大腸カメラ検査が特に重要になります。大腸カメラ検査で腸粘膜の異常がなければ、過敏性腸症候群と診断されます。
なお、当院では経験豊かな医師が最新機器を用いた大腸カメラ検査を行っており、痛みや苦しさのない検査が可能ですので、安心していらしてください。

診断のポイント

過敏性腸症候群は、血液検査などのデータや内視鏡の所見では異常がないことが大きな特徴になっています。そのため診察では、症状の内容やはじまった時期、頻度、症状を起こすきっかけなどについてくわしくうかがい、他の病気がないかをまず確認することが不可欠です。潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患やがんなどの可能性がないことを調べるために、血液検査や便潜血反応、便培養検査、大腸カメラ検査などを行います。
こうした問診と検査を通じて他の病気ではないことがわかったら、過敏性腸症候群の診断基準を用いた確定診断を行います。

過敏性腸症候群の治療

症状を悪化させないための生活習慣改善、そして症状やライフスタイル、体質にきめ細かく合わせた薬物療法を主に用いて治療していきます。

生活習慣改善

睡眠不足や疲労、過度の飲酒、唐辛子など刺激物の摂取といった症状を悪化させやすい生活習慣を見つけて、できる範囲での改善方法についてご相談していきます。ストレスをきっかけに症状を起こすことがあるため、上手なストレス解消法などについてもアドバイスしています。あまり神経質にならず、無理なくできることからはじめていきましょう。

薬物療法

症状に合わせて、腸の蠕動運動を整える薬、便の硬さを調整する薬、腸内細菌叢を整える薬など、適切なものを組み合わせて処方します。また、激しい腹痛の後で下痢を起こすタイプには、予兆を感じた際に服用することで症状を緩和させるものもあります。

服用について

薬にはさまざまな種類があり、同じ効果を期待できる薬でも1日の服用回数などが異なるものもあります。そのため、当院ではライフスタイルなどにも合わせて適切な薬を処方するようにしています。薬の効果を確かめながら少しずつ処方を変えていくことで、最適な処方を見つけていきます。

生活習慣を見直して症状改善につなげましょう

食事、運動、睡眠などの生活習慣を見直すことは、過敏性腸症候群の悪化を防ぐだけでなく、身体機能を正常に戻して健康を保つためにも効果的です。

食事

朝食を必ずとって、3食をできるだけ毎日同じ時間帯にとるようにしましょう。
食物繊維と水分をしっかりとりましょう。
アルコールは適量を守りましょう。
暴飲暴食を控え、腹八分目を心がけましょう。

運動

ウォーキングや散歩、ストレッチなど、軽い運動を習慣づけましょう。運動にはリラックス効果もありますし、快適な睡眠にもつながります。

睡眠

睡眠不足にならないよう、1日最低6時間の睡眠時間を確保しましょう。

入浴

できれば毎日入浴し、夏でもゆっくりバスタブに浸かって身体を芯まで温めましょう。