便秘外来

便秘外来について

便秘外来について便秘でお悩みの方は多いのですが、受診して適切な治療を受けている方はまだ少なく、市販薬に頼っているうちに悪化させて頑固な便秘になってしまう方も珍しくありません。日常的によくある症状ですが、慢性化すると痔のリスクも大きくなります。また女性の場合、便秘で排便の際に強くいきむ習慣がついてしまうと骨盤底筋へのダメージが積み重なって、腹圧性尿失禁や骨盤臓器脱などの疾患リスクも上がります。
現在だけでなく、将来のクオリティ・オブ・ライフを守るためにも、便秘の症状を繰り返す場合は便秘外来で専門的な治療を受けることをおすすめしています。

便秘とは

便秘は、排便が数日以上ない場合だけでなく、満足できる排便ができていない場合も含まれます。たとえば、毎日排便があっても少量しか出ずに残便感がある場合は便秘です。また、排便後のスッキリ感がない、強くいきまないと排便できない、排便に時間がかかる、硬い便で出しにくい、薬を服用しないと排便できない、便秘と下痢を繰り返すなども便秘に含まれます。

便秘の代表的な症状

  • 便が硬い
  • 少量しか出ない
  • 便意がなく、無理に出している
  • 排便後のスッキリ感がなく、残便感がある
  • 排便に時間がかかる、出すのに困難がともなう
  • 長く・強くいきまないと出ない
  • お腹が張って苦しい
  • 便に血液が付着している、血便がある
  • 便秘薬を飲まないと排便できない
  • 便秘薬が効かなくなって服用量が増えた
  • 便秘と下痢を繰り返す

便秘の原因

便秘にはさまざまな原因があり、いくつかの原因が重なって便秘を起こしていることもよくあります。食生活や水分摂取量、大腸の機能低下、薬の副作用などの他、病気の症状として便秘が現れることもあります。女性は若い世代から高齢者まで幅広く発症します。
ご注意いただきたいのは、病気の症状として現れた便秘の場合、できるだけ早く治療を受ける必要があるケースも存在することです。たとえば、進行するまでなかなか自覚症状の出ない大腸がんの症状として便秘が起こっている可能性もあります。
便秘が続くようでしたら、念のため1度受診して、しっかり原因を確かめて適切な治療を受け、快適な生活を取り戻しましょう。

便秘の種類

便秘は原因によっていくつかのタイプに分けられており、それぞれに合わせた治療を受けることで効果的に治すことができます。

機能性便秘

排便機能の低下・直腸の排便反射低下が原因になって便秘が起こっています。排便機能の低下は、腹圧、腸管の蠕動運動機能の低下や異常な亢進などがあります。排便反射の低下は、直腸まで便が来ているのに明確な便意を感じなくなっている状態です。
機能性便秘が起こる原因には、加齢、ストレス、食生活、下剤の常用、浣腸やシャワートイレの影響、習慣的な便意の我慢などがあります。
機能性便秘は、便の腸管通過時間と排便機能などによりさらにいくつかのタイプに分けられます。

結腸通過時間正常型

直腸まで問題なく便が来ていますが、便意が低下してスムーズな排便のタイミングがわからなくなって起こる便秘です。

結腸通過時間遅延型

大腸の蠕動運動機能が低下して、便が直腸まで来るのに時間がかかって起こる便秘です。

便排出障害型

排便機能が低下することで、いきんでも便がスムーズに出てこない状態です。

続発性便秘

病気の症状として現れる便秘の他に、手術の合併症として、あるいは服用している薬剤の副作用として現れる便秘が含まれます。

器質性便秘

便の通過を妨げる腸管の閉塞や狭窄があって便秘になっている状態で、がんが大きくなった場合や手術後の癒着でも起こることがあります。緊急手術が必要になることもあります。

肛門直腸疾患

進行した切れ痔は肛門狭窄を起こして排便が困難になります。便秘で硬い便を無理に出すと肛門が切れやすくなりますし、切れ痔の痛みから無意識に便意を我慢して便秘になりやすいという悪循環を起こす傾向があります。

病気や薬の影響による便秘

筋疾患やパーキンソン病などの神経疾患の症状として便秘が現れることがあります。また、糖尿病や降圧剤、女性に多い甲状腺機能低下といった内分泌や代謝の治療薬、向精神薬など、多くの薬に便秘の副作用が現れやすいものがあります。

便秘外来の診察と検査

診察

診察お腹の張りや痛み、便意の起こる頻度、排便状況、お悩みの点といった便秘の状況、そしてこれまでかかったことのある病気や服用しているお薬、ライフスタイルなどについてうかがっていきます。
触診や検査で便秘の原因を絞っていき、現在の状態や適した治療法についてわかりやすくご説明します。その後、患者様に最適な治療方針についてご相談していきます。

検査

基本的に、腹部の聴診と触診、腹部X線検査を行い、血液検査や大腸カメラ検査を行うこともあります。大腸カメラ検査では、腸管の狭窄や閉塞の有無、粘膜の状態、腸管の長さなどが確認でき、ポリープや早期大腸がんの発見が可能です。また、検査中に組織を採取できますので確定診断も可能です。当院では苦しくない大腸カメラ検査を行っていますので、安心してご相談にいらしてください。

便秘の治療

生活習慣改善

水分や食物繊維を多くとる、適度な運動を習慣づけるなどは便秘解消にも役立ちます。
また、排便習慣を身に付けることで、便秘になりにくくすることも重要です。
無理なく行えることからはじめて、快適なお身体を取り戻しましょう。

薬物療法

年齢、便秘のタイプや程度、ライフスタイルなどによって処方する薬をきめ細かく調整します。また、薬の効き目は個人差が大きいので、2週間の服用後に結果をみて、さらに調整を行いながら最適な処方や服用タイミングを見つけていきます。
現在、新しい作用で便秘を解消する薬も登場していますし、漢方療法なども組み合わせることができます。できるだけスムーズに便秘を解消できるよう丁寧にお話をうかがっておりますので、不安や疑問がありましたらどんな些細なことでもお気軽にご質問ください。